Ced214(NGC7822) MMH150 F3.8

以前にも撮影した対象ですが星像が良くなったので
もう一度撮影してみました
撮影開始直後から風が強くなり前半は星が長くなってしまい
ましたが後半の画像をリファレンスにする事で一応星が丸く
なりました
この星雲は淡いですが分子雲、暗黒帯が沢山あり綺麗ですね


Ced214(NGC7822)
2020年09月20日 八塔寺

ZWO183mmPro -10度冷却
Gain 200 Offset 10
MMH150 F3.8
TS-Optics NEWTONIAN Coma Corrector 0.95x Maxfield - 3-element 
Astrodon Tru-balance Gen2 LRGB 36mm Filter
L 3分26枚
RGB 各5分8枚
TAKAHASHI EM200 Onstep駆動
ZWO 30F4 ミニスコープ QHY5L-II
Raspberry Pi4 (Ubuntu MATE) Kstars Ekos


ced214_lrgb_crop

Sh2-155 洞窟星雲 MMH150 F3.8

今回はカメラの固定プレートを使って撮影したところ
ずっと悩んでいた傾きが解決しました
長かったなぁ・・・・・
ところが今回は湿度が高くて主鏡がうっすらと曇ってしまいました
次回は乾燥空気だな!

それとラズパイのUSB起動が出来るようになって起動とディスク読み込みが早く
なり快適になりソルバーの時間がものすごく短縮されました


みんな大好き洞窟星雲ですけど淡い淡い!
まだまだ枚数欲しいですね

Sh2-155 洞窟星雲

2020年09月14日 兵庫県篠山

ZWO183mmPro -10度冷却
Gain 200 Offset 10
MMH150 F3.8
TS-Optics NEWTONIAN Coma Corrector 0.95x Maxfield - 3-element 
Astrodon Tru-balance Gen2 LRGB 36mm Filter
L 3分30枚
RGB 各5分8枚
TAKAHASHI EM200 Onstep駆動
ZWO 30F4 ミニスコープ QHY5L-II
Raspberry Pi4 (Ubuntu MATE) Kstars Ekos

sh2_155_lrgb_registered_crop

M31 MMH150 F3.8

鏡筒の調整を一からやり直し光軸もしっかりと合わせたので月が沈むのは2時頃ですが
確認撮影に行ってきました
接眼部が2インチ差し込みなのでネジの締め具合ですぐにカメラが傾いてしまいます
なんとか調整してあともう少しですけど良い星像が出てくれました

次回はこの辺りを解決して撮影に行きたいと思います
もう少し撮り増ししたいな


M31

2020年08月29日 兵庫県

ZWO183mmPro -10度冷却
Gain 200 Offset 10
MMH150 F3.8
TS-Optics NEWTONIAN Coma Corrector 0.95x Maxfield - 3-element 
astrodon Tru-balance Gen2 LRGB 36mm Filter
L 3分20枚
RGB 各5分4枚
TAKAHASHI EM200 Onstep駆動
ZWO 30F4 ミニスコープ QHY5L-II
Raspberry Pi4 (Raspbian buster) Kstars Ekos


m31_lrgb_rgb_bin_crop

ギャラリー
  • Ced214(NGC7822)  MMH150 F3.8
  • Sh2-155 洞窟星雲 MMH150 F3.8
  • M31 MMH150 F3.8
  • IC1396 VDB142 The Elephants Trunk Nebula MMH150 F3.8
  • M78 MMH150 F3.8
  • NGC2264 コーン星雲 MMH150F3.8
  • IC410 MMH150 F3.8
  • IC1805 Redcat51
  • Cederblad51 MMH150F3.8  183mmpro
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ