IC4603付近の星雲 E130D

ZWO ASI294MC pro ワンショットカラーカメラで撮影してみました
枚数を沢山撮れるならモノクロカメラに迫る写りですね
ただこの領域は淡いので暗部のSNが悪いのでもっと枚数が必要と感じました
ピントが甘かった!

IC4603付近の星雲
 
南紀リモート天文台
2022年06月02日 03日 08日

300s x 105枚
ZWO ASI294MC pro Gain120 Offset 30  -10度冷却
Takahashi E130D
Takahashi EM200 Onstep ベルト駆動
50mm F4 Guide Scope QHY5L-IIM Guide Camera
Ubuntu 20.04 64bit Ccdciel

IC4603_comp

M20 The Trifid Nebula AstroDreamtech a-250CA F3.8

低空には薄雲が居座り抜けた空にはなかなか巡り会えなくて枚数撮影する事が出来ないです
メジャーで明るい星雲ですが処理をしてみると落とし所がなかなか決まらず何度も処理やり直しました
明るい星雲なのでついつい強調し過ぎになってしまいますね

M20 The Trifid Nebula
 
南紀リモート天文台
2022年05月27日 28日 29日
Luminance   300s x 44 2bin
Red   300s x 20  2bin
Green 300s x 20  2bin
Blue  300s x 21  2bin

ZWO ASI294mm pro Gain120 Offset 30  -10度冷却
Astrodon Tru-balance Gen2 LRGB 36mm Filter
AstroDreamtech a-250CA F3.8
TS-Optics NEWTONIAN Coma Corrector 0.95x Maxfield - 3-element 0.95
Pentax MS5 Onstep駆動
30mm F4 ASI Mini Guide Scope ASI120mm mini Guide Camera
WIndows7 APT PHD2

M20_CROP_COMP

M101 回転花火銀河AstroDreamtech a-250CA F3.8

夏物が昇ってくるまでは銀河を撮影していました
天候も良くなくて撮影に8日間もかかりました
銀河の処理って星雲とは全く違って色がなかなか出せない印象で
フィルターがAstrodonだからなのか普通に合成すると青ばかりになってしまい
色を出すのに苦労しました
シャドー部の分子雲もうっすらと出るように処理してみました

M101  回転花火銀河
 
南紀リモート天文台
2022年05月02日 03日 04日 07日 18日 22日 24日 25日
Luminance   300s x 66 1bin
Red   300s x 24  2bin
Green 300s x 24  2bin
Blue  300s x 18  2bin

ZWO ASI294mm pro Gain120 Offset 30  -10度冷却
Astrodon Tru-balance Gen2 LRGB 36mm Filter
AstroDreamtech a-250CA F3.8
TS-Optics NEWTONIAN Coma Corrector 0.95x Maxfield - 3-element 0.95
Pentax MS5 Onstep駆動
30mm F4 ASI Mini Guide Scope ASI120mm mini Guide Camera
Ubuntu 20.04 64bit Ccdciel

M101_crop_comp

ギャラリー
  • IC4603付近の星雲 E130D
  • M20 The Trifid Nebula AstroDreamtech a-250CA F3.8
  • M101  回転花火銀河AstroDreamtech a-250CA F3.8
  • IC4604 AstroDreamtech a-250CA F3.8 ファーストライト
  • 25cm鏡筒がやってきた!
  • 25cm鏡筒がやってきた!
  • M65_66_NGC3628
  • バラ星雲 SAO
  • バラ星雲 SAO
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ