撮影機材

SKYMAXに載せてバランスを取りました。




ガイド鏡 FC-100
BORG77EDIIF4.3/6.6DG
逆光でFC-100を光らせてみました(笑)




SKYMAXの赤緯ユニットが重いためウエイトは2個必要でした。
それにしてもガイド鏡でかすぎ!
TS65があるんですけど交換しようかな?そうなるとSKYMAXでは大き過ぎ。

IC2177

RATOCのFireREX1を買ってみたらMacにてSCSIのフィルムスキャナーが使えるようになりました。


ワンタッチ装着でSCSI機器をFireWire(IEEE1394)に変換

という事でIC2177をスキャンしてみました。

SC-64フィルター 60分露出
水素増感TP2415 D-19 20℃ 5分現像

yottyan_cryyagi さんがもっと大きなサイズとリクエストでしたので 2000x2000サイズです。

ネガの全域です。
ご覧のように調整の出来ているシュミットカメラでは全域にピントが出ます。


4def0190.jpg



バックの濃度どんな?


a93b3497.jpg



バックの濃度こんな程度?


イメージシフト

ST-4用イメージシフトです。

d56f06c6.jpg



回転装置に横スライドにてガイド星を導入します。

f5502f9d.jpg



アイピースはST-4のCCDと同じピンと位置に調整しているのでガイド星導入確認とピント出しが出来ます。

303084da.jpg



回転を使って導入した時は回転装置の色と数字を読み取り、CCD部分もその数値に合わす事によりXY軸が変わらないという仕掛けです。

目盛りが消えてきていたので白を入れ直している途中です。

ギャラリー
  • M78 MMH150 F3.8
  • NGC2264 コーン星雲 MMH150F3.8
  • IC410 MMH150 F3.8
  • IC1805 Redcat51
  • Cederblad51 MMH150F3.8  183mmpro
  • M33 MMH150 F3.8
  • IC1848 SAO  MMH150F3.8
  • IC1848 胎児星雲  MMH150 F3.8
  • Mel15 AOOバージョン MMH150 F3.8
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ