25cm鏡筒のフォカサー交換しました

リモートで撮影しているとたまに縦構図に変更したい時があるのです
お隣さんに言わせると ”縦モザイクにすれば良いのですよ!”
いやいやそれは結構面倒です
って事で25cmの接眼部を自作ローテーター付きフォーカサーに交換してきました
作るにしても色々と大変でまずは接眼部の長さを決定後フォーカサーとローテーターを寸法に収めるようにCADで製図
当初フォーカサーはM6ネジ6本にするつもりでしたがつもりでしたが動作させてみるとモータートルクが足りない
トルクのあるモーターに変更してみてもしんどそうなので4本ネジに変更しました


ABEBD18F-0BCF-4363-B0BD-E9B652C768E3

可動範囲は30mm

0BF44CB8-5F65-409C-B20A-3BB7B77EFFE2

こちらはローテーターのモーター
回転させるのでベアリング入りにしたところ滑らか過ぎてステッピングモーターの電源をオフにすると
フィルターホイールの重みで回ってしまいそうなのでギア付きモーターにしました

制御はOnstepにフォーカサー ローテーターを組み込んであるのでAscomで動作します
Indiでもそのまま使えます

WindowsのWSLでUbuntuがインストール出来るようになりIndiをインストールしてKstars等Indi Libraryを使って動作させる事が出来るようになりました
全く問題なく動作しますね

って事で月夜ですがテスト撮影したM13

M13_comp_2048


今の所無事動作しています

F5D95F55-7FFA-41FD-8223-67552B511B3A








北極星の周りの IFN Redcat51

一度は撮影してみたいと思っていた対象です
北極星周辺のIFNですがもっと広い画角が必要ですね

北極星の周りの IFN
南紀リモート天文台
2024年03月10日 13日 
Redcat51 
300s x 97枚
ZWO ASI2600MC pro Gain100 Offset 50  -10度冷却
EM200赤道儀 Onstep ベルト駆動
30mm F4 ASI Mini Guide Scope ASI120mm mini Guide Camera
Windows10  APT PHD2


AlpUMi_comp_2048

IC4592 Blue Horsehead Nebula IC4601

IC4592 Blue Horsehead Nebula
この時期夏物一番最初に撮り頃になる星雲です
焦点距離250mm APS-Cで良い画角になります

IC4592 IC4601
南紀リモート天文台
2024年03月14日~3日間
Redcat51 
300s x 67枚
ZWO ASI2600MC pro Gain100 Offset 50  -10度冷却
EM200赤道儀 Onstep ベルト駆動
30mm F4 ASI Mini Guide Scope ASI120mm mini Guide Camera

Windows10  WSL Ubuntu Indi library   Kstars. Ekos

IC4592_2048


IC4592_Annotated

ギャラリー
  • SW150P フルチューンしてみました
  • SW150P フルチューンしてみました
  • SW150P フルチューンしてみました
  • SW150P フルチューンしてみました
  • SW150P フルチューンしてみました
  • SW150P フルチューンしてみました
  • SW150P フルチューンしてみました
  • SW150P フルチューンしてみました
  • SW150P フルチューンしてみました
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ