IC2177 MMH150 + RCC1

今回はラズパイをWI-FIアクセスポイントにしてGPSDとastrometryのサーバー設定ノートPCはubuntuMATE 64bitでKstars Ekos INDIを使って撮影しました
このシステムはセッティング後は全く望遠鏡には触れる事が無くなりiPadでVNC接続して車の中で操作出来便利です

IC2177の頭部分です
ここも青のガスは淡いですね


IC2177

2019年02月02日
吉野郡
ZWO183mmPro -15度冷却
MMH150 F4 RCC1
L3分35枚
RGB 各3分20枚


a1da4aba.png



IC2177 MMH150 + RCC1

火曜日に絶対に晴れるだろうとすさみまで撮影に行ってきました
低空は靄が多いですがその他の空はやはり暗い場所ですね!
前にも撮影した構図ですけど海に近い場所なのでシーイングが悪いのと風で星がぽってりしてしまいました


2019年01月29日
すさみ運動公園
IC2177
ZWO183mmPro -15度冷却
MMH150 F4 RCC1
L3分33枚
RG 各3分18枚
B 3分19枚

94afe387.png



バラ星雲 MMH150 F4 + RCC1

ラズパイ3 にIndi libraryをインストールしてWindowsノートでKstars Ekosで撮影しました
WindowsではIndi windows serverを使う事でIndiとAscom両方使えるのでE-zeusも同時に使う事が出来ます
このシステムにした理由はZWOのカメラとQHY5のガイドカメラの組み合わせだとガイドカメラがフリーズしたり認識しなかったりして不安定だったんです
PHD2を使っても駄目でした
使っているノートPCの問題かASCOMだと中華同士が喧嘩するのか良くわかりませんがINDIだと全く問題無く使えています

全部無料ソフトとは思えない程のシステムで
適当に空を撮影して同期したり撮影途中のピント合わせも自動で出来ます
すごいですねぇ
星図も全天画像表示に出来るのでどこに何があるのかわかります

空は水蒸気が多くてモヤモヤの空だったのでコマコレのバックフォーカス調整をしてから適当構図でバラを短時間ですが撮影してみました
星像はシャープになってきましたがあと少しコマが出ているのとピント甘いみたい
もう少し追い込みたいです

バラ星雲
ZWO183mmPro -15度冷却
MMH150 F4 RCC1
L3分4枚
RGB 各3分3枚


6d0cfb8a.png



ギャラリー
  • 北アメリカ、ペリカン星雲 Redcat51
  • M8 M20付近 Redcat51
  • M16
  • サドル付近の星雲 MMH150F4
  • サソリIC4603
  • サソリ sh2-9 MMH150F4 MPCC3
  • M51
  • M13 球状星団
  • NGC3628 M65 M66  MMH150 + RCC1
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アーカイブ
  • ライブドアブログ